HOME >  お知らせ > 音楽だより7月号

お知らせ2024.7.6

音楽だより7月号

 

 

眩しい日差し、汗ばむ陽気に夏の訪れを感じる日々ですね。音楽の時間でも梅雨や夏の始まりならではの音楽を楽しんでいます。子ども達は先生やお友達とのやり取りを楽しみながら、様々な楽器や活動に挑戦しています。

子ども達が伸び伸びと自分を表現し、気持ちを解放できるような時間をこれからも一緒に作っていきたいと思います。

 

 

6月のお歌~かえるの合唱・かたつむり~

梅雨の時期を楽しめるお歌を2曲メドレーで歌いました♬

【かえるの合唱】ではリズムに合わせて大きくカエルとびをしながら歌ったり、【かたつむり】では手をカタツムリにしてゆっくり動かしたり、

生き物を表現しながら楽しそうに歌う様子がありました♪

青空組さんも、身体をゆらゆら動かしたり、音楽に合わせて手を握る姿が見られました☆

 

●高倉園


 

●豊田園

●多摩平園

 

梅雨の季節にちなんで、かえるの手作り楽器を楽しみました。

お友達に聞かせてあげようと集まってくる姿も素敵でした♪

手指の運動発達を促し、身体の調整力も養う活動です。

コントロールする力、育ってきてますね!

 

 

梅雨の季節を身体の動きや楽器で表現して楽しみました♪

虹組さんでは、音楽の速さ・音量を聞き分け、とてもスムーズに切り替える力がついてきたように感じます☆

これは、日常生活の中でも自分の気持ちをコントロールする力にも繋がっていきます。

そして青空組さんでは、初めての楽器にも積極的に参加し、楽しんで挑戦していく様子がありとても嬉しく感じました♪

雷の音を表現したコンガでの演奏!堂々とした良い音が響きました♪

伸び伸びとした子ども達の表現、今後も成長が楽しみです!

 

たくさんのまねっこ遊びをしました。

楽器をいろいろなもの(電話や帽子など)に見立てる遊びも楽しみながらやることが出来ました。

模倣遊びは、子どもの発達にとって大切な遊び。音楽あそびの中で、これからもたくさんやっていきたいと思います。

合奏タイムでは、音楽講師の鳴らすピアノに合わせて鳴らしたり、止まったり、

速く鳴らしたり、ゆっくり鳴らしたり・・・動きをコントロールする様子がたくさん見られました。

また、♪・♩など、「音符」にも触れていきました。

 

6月は梅雨にまつわる曲などを使用しながら、手作りシェイカーなどで水の音を表現していきました!

青空組では皮膚感覚への刺激を促したり、コミュニケーションとるために、とにかく触れ合う事を大切にしております!

今回は「ぽっつんぽつぽつあめがふる」にメロディーをつけて歌いながら行いました!

虹組では曲の静と動のニュアンスの違いを感じ取り、実際に動く事に取り組むことが出来ました!

円になって向かい合いながら、大判スカーフやビニールをみんなで動かすことで楽しさを共感することが出来ます!

笑顔が広がる空間作りを心掛けたいと思います♬

 

 

 

 

 

 

南の島を連想させる、夏にぴったりの物語性豊かな歌です!

 

~ここがポイント♬~

・軽快なリズムに乗って、身体を動かし表現を楽しみます♪

・愉快な物語性のある歌詞で子ども達の想像力が広がっていく歌です♪